rails4で、formのsubmitタグにデフォルトで、disable_withをつけるスニペット

環境
rails 4.2.6
ruby 2.3

[ruby]
# -*- encoding: utf-8 -*-
module ActionView
module Helpers
module FormTagHelper
alias_method :original_submit_tag, :submit_tag
def submit_tag(value=nil, options={})
options = options.stringify_keys
options["data-disable-with"] = ‘処理中…’ unless options["data-disable-with"]
original_submit_tag(value, options)
end
end
end
end
[/ruby]

シンボルではなく、文字列でdata-disable-withを指定してあげる。
form_forの中でして仕上げなかった時に、data-disable-withに”処理中”という値を入れる。

alias_methodメソッドによって、クラスやモジュールのメソッドに別名を付けます。
引数()には新しい別名original_submit_tag、元のメソッド名submit_tagを順に指定します。
戻り値はクラスやモジュール自身です。

参考にさせていただいたサイト